アルバムカフェNEWS

アルバム大使 vol.6(カメラにハマリ、ワンコ写真を楽しくアルバムカフェ)

アルバム大使2017.07.13

ドックカフェで毎月アルバムカフェを開催されているアルバム大使・金井久美子さん。愛犬の写真をどのような気持ちで写真に撮って、アルバムにしているのか、その思いをご紹介いたします。

今は犬や猫、うさぎなどなど、ペットも家族と考えている方が多いと思います。
私もそのひとり。そして自他ともに認める親バカです。
(人間の子供と違うので、親というのはちょっとずれるかも知れませんが他にいい言葉が見当たらないので、親バカと公言しています。)

とにかく『ウチの子』が可愛くて、私の撮る写真の被写体はほぼ愛犬ばかりです。
愛犬の写真をキレイに撮りたくてミラーレスカメラも買っちゃいました。

当初は犬ブログに使う写真を撮っていたのですが、アルバムカフェをはじめてからは、愛犬の写真をアルバムにまとめたり部屋に飾るクラフトを作ったりしています。

毎日見ているはずだけれど、改めて撮影した写真をプリントにしてみると、見逃していた表情もあり、プリントすることでいいなと思う写真もたくさんあります。

遊んでいるとき、寝ているとき、ゴハンを食べているとき、カワイイ、面白い、と思ったら写真を撮って、まずはSNSで犬友達さんとシェアして楽しんだりもしています。

どうしても飼い主よりも先にこの世からいなくなることが必然ですのでたくさんの表情をのこしておきたいなと思ってます。
まぁ、ただただ、カワイイと思って撮っているだけかもですが。笑。

ワンコの写真って撮るツボは子ども写真と似ていると思うのですが、違うのは動きの速さと、目線の位置、そして言葉が通じない所?でしょうか。

ネットや本などの「上手な子ども写真の撮り方」的なモノはよく参考にしています。
ほとんどがワンコ写真にも当てはまることが多くて勉強になります。

実際撮るときはワンコと同じ目線の高さを基本にしています。
ウチの子は小型犬なので、地面すれすれにカメラを構えていたりするので他人から見たら怪しい人にも見えるかも・・・。

オヤツやオモチャで興味をひいて目線を取ったり、時にはわざと外したりもしています。
ウチの子は小さい頃から写真を撮られまくっているからかカメラを向けるとオヤツがもらえると勘違いしています笑。

こちらに目線を取って撮る際には、カメラやスマホのファインダーやモニターなどを見たままで無く、ワンコを直接見て目が合ったときシャッターを切るようにしています。

それと連写機能はかなり使っています。
ピントが合わない写真を量産してしまいますが、気に入った写真が1枚でも撮れればいいと思ってます。デジカメ時代ならではですね。

ぶれていても面白い写真もあるので、どれを削除しようか悩むのですができだけ早めに不要な写真データを削除しています。
そしてプリントする際に気に入ったものを選んでいます。
ついついアップの写真ばかり撮ってしまいがちですが周りの雰囲気も一緒に撮ったり、遠目に見た写真も撮ったりして同じ写真ばかりになりがちなアルバムに変化をつけるようにしています。

ウチは夫婦そろって写真に撮られることが苦手なので人間の写った写真を撮る事、撮られることがほとんどないのですが最近は、ウチの子を含めた「家族写真」風な写真も残すようにしています。
一緒にいた時間をアルバムにちょっと入れておきたいなと思うようになったのはアルバムカフェをはじめてからですね。

アルバムカフェについてですが、毎月ドッグカフェで開催させて頂いていることもあり私のアルバムカフェは犬を飼っているリピーターさんが多いです。みなさん我が子の写真を飾りたいと思っている方がほとんどなのでアルバム作りよりも季節の飾れるクラフトを選ばれることが多いです。

そして、残った入りきらない写真をアルバムにされているようです。手を動かしながらワンコ談義に花が咲き、いろいろ情報交換したりと楽しんでいます。
ペットを飼っていない参加者さんも私の親バカぶりを楽しんでくださるようで、以前はクラフトやアルバムの見本にお友達の子供の写真を借りて作成することもあったのですが、ウチの子の写真見本も良いと言っていただけるので最近は子供写真での見本を作ることが少なくなりました。笑。

これからもたくさんウチの子写真を撮って、マイペースにアルバムカフェを続けて行きたいなと思っています。
そして私のようにウチの子アルバムを作る方がもっと増えたらうれしいなと思っています。

アルバム大使 金井 久美子

アルバム大使
金井 久美子

埼玉県在住
夫と犬1匹と暮らす。普段からカメラを持ち歩き、たくさんのかわいいワンコ写真を撮影している。

アルバムカフェNEWSトップへ

HOMEへ戻る

アルバムカフェNEWSトップへ
SNS